蛍光灯を上手に使って室内の明るさを調節する

節約できる

シャンデリア

この頃、家電量販店などでよく目にするようになったLED蛍光灯。白熱電球からLED蛍光灯に変えることによって、電気代が安くなったり、またそれによって地球温暖化防止になると言われています。しかし、そのようなメリットだけではないことをご存知でしょうか。ここでは、その費用について述べましょう。まず、それ自体を購入するのにかなりのお金がかかる、と言うことです。確かに、前述したようにLED蛍光灯に変えることによって電気代が安くはなります。しかし、LED蛍光灯は白熱電球に比べてそれ自体の値段が高く、かなりのお金がかかってしまいます。また、蛍光灯をLED蛍光灯に変える時にはさらに注意すべきことがあります。それは、蛍光灯の照明器具にそのままLED蛍光灯を装着するのは危険な場合があるというものです。原因は主に照明器具の劣化にあり、それも交換するとなるとかなりの費用がかかってしまいます。

lEDにはいろいろとお金がかかるということを言ってきましたが、やはりメリットは魅力的です。一つ目に、照明の寿命がとても長いということです。その寿命は蛍光灯の約4倍、白熱電球にいたっては約40倍ととても長いです。二つ目に、やはり消費電力がとても少ないということです。あるデータによると、50〜80%も削減できるそうです。三つ目に、赤外線や紫外線を発光しないということです。これはあまり関係ないように感じるかもしれませんが、意外と重要です。紫外線には虫を集めたり、ものを変色させたりする性質があり、赤外線には熱を発生させる性質があります。lED照明にすることでこれらを防ぐことができます。最後に、LED蛍光灯についていろいろと話してきましたが、購入時にはメリットとデメリットを考慮に入れることが大切です。